ブログ

就活学生に伝えたいこと

気候も春らしくなり、

街を歩いているとリクルートスーツをまとった学生さんを見かけます。

先日、大阪にて開催された就活セミナーに登壇させていただきました。

大手就活イベントと重なったためこじんまりとした雰囲気でしたが

アットホームな中でトークセッションさせて頂けました。

繊研新聞社のトークセッションでおなじみの

ねぎらいカンパニー 兼重先生

recs 藤永先生

私、森下の三賢者でのセッション。

学生のうちにしておいた方が良いこと

我々が一緒に働きたいスタッフ

などなど、就活生学生さんにとって興味があるであろう?話題を話し出来たと思います。

専門学校にて講義しているときにも話しますが、

私が就活時に意識して欲しいことは以下です。

*就職して何をしたいのか?

就活時の学生と話をすると、

内定を取ることが目標になっている人が多々見受けられます。

このためか分かりませんが、

内定辞退という話もよく聞きます。

自分のしたいことが定まらないまま、

企業研究もきちんとしないまま、

エントリーシートを提出し

定型の決まり文句の面接応対をする。

その結果、合格して内定を取る。

ここで、

就活が終了!

と思っていませんか?

*働きたい環境か?

入社すると、上司と先輩は選べません。

自分よりも先に入社しているから当然なんですが…

5月病などといって離職する人は職場とのミスマッチを口にします。

もちろん、企業側にも責任はあります。

しかし、入社前に企業を調べていれば防げることもあるのではないでしょうか?

インターンシップをすることが無理でも、

その企業が提供しているサービスを利用することで

その企業の風土を推し量ることは出来ると思います。

OB/OG がいるとより知ることが出来ますね!

終身雇用はこれから先は減る一方だと思います。

自分のキャリアプランを考えることが出来るかどうかで

今後の進路は大きく変わってくるはずです。

人任せではなく

自分で調べて

自分で考えて

自分で決断する

これが大事ではないでしょうか?

学生は 「あたえてもらう」

社会人は「自分で手に入れる」

この違いを認識して就活出来ると、

入社してからの自分がイメージできるのではないでしょうか?

就活だけでなく、転職を考えている方にも当てはまるはずです。

25歳の自分

30歳の自分

40歳の自分

イメージするだけで、しなければならないことが見つかります。

自分のキャリアビジョン考えてみてはいかがでしょうか?

何事も目標がある方がやりがいは出ると思いますよ!

森下

  • 就活学生に伝えたいこと はコメントを受け付けていません。
  • Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る