ブログ

満員電車での心配りあるアナウンス

train_manin_people

train_manin_people

ゴールデンウィークが明けた先週、

今年社会人デビューした知人とお祝いをかねて食事しました。

約1ヶ月の研修を終えて、
今週から新配属先でのデビューだそうです。

わくわくして楽しみだとの話を聞いて

私も何だかフレッシュな気分になりました。

彼と同様なフレッシャーの方も多いかと思います。
これからの日本を支えるべくともに頑張りましょう!

この時期は通勤の混雑が増大するそうです。

その理由は…

進学や就職でのラッシュ慣れしていない人が増えるからだそうです。

みなさんも感じたことがあるかもしれないですね。

慣れない人を責めずに

慣れているベテランが広い心で見守ってあげませんか?

ぶつかられたり

足を踏まれたり

そんな時はきっと思うところがあると思います。

そんな時は

一呼吸おいてみてください。
(深呼吸するとなお良いです!)

あまり気にならなくなるはずです。

最近、話題の…

アンガーマネージメント

マインドフルネス

意識してはいかがでしょうか?

そんな事を考えながら通勤列車に乗っていると

声の大きさ(トーン)

口調(テンポ)

ともに聞き心地が良いアナウンスが流れました。

混雑に対しての

謝意

心配り

を感じる内容で

あたかも、

車掌さんもその空間にいるのか?

そんな風に思えるアナウンスでした。

そのお陰で、朝から清々しい気分になりました。

やはり人の温かみは大事だなと

再認識出来ました!

電話応対など、

顔を合わせない状態でのコミュニケーションは

非常に難しいものです。

おそらく、
車内アナウンスの研修もあるでしょうが、

今回の車掌さんのアナウンスは

その方の感性(センス)によるアドリブだったと予想します。

電車の中でのちょっとした心遣いで

ホッと出来ました。

ちょっとした心遣いを見習いたいと思います。

森下

  • 満員電車での心配りあるアナウンス はコメントを受け付けていません。
  • Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る