ブログ

郊外型SCの充実度 くずはモール

20151020_171852

 

先週、今週と関西出張が続きました。

今週は、クライアントさんのお店がある
くずはモールへリサーチへ行って参りました。

くずは(樟葉)といえば、家具の町で関西では有名です。
ちなみに樟葉のある枚方市は
「ひらパー」
こと
ひらかたパーク」が有名です。

ひらパーは関西でも有数の遊園地です。
ひらパー兄さんこと
V6の岡田君が有名ですね。
枚方市の情報はさておき、
話をくずはモールに戻します。

くずはモールは、京阪の樟葉駅の目の前にあります。

20151020_172414

2014年に増床オープンして
ファミリー層〜ティーンズまでをカバーするショッピングモールとなりました。
最近開発されている郊外型SCの典型と言えます。

最近のSCはセレクトショップの廉価版がキーテナントとして入り、
ニューファミリー層に支持される専門店や雑貨店が並び
ライフスタイルを充実させるショップ群が集積されます。

それと、

レストランなど食事をする場所

小休憩出来るカフェも充実しています。

ゆっくりと半日過ごすことが出来るSCが増えています。
ただし、本格的な物が欲しいとなるとちょっと不足気味かもしれません。
本気で?買物しようと思うと満足出来ないのではないでしょうか?
関西では、来月にEXPOCITYが開業予定です。
ここは、関西においては所得が高い層が多く暮らす商圏です。
梅田との競合に勝てるのでしょうか?

郊外と都心の買物戦争は続きます…

  • 郊外型SCの充実度 くずはモール はコメントを受け付けていません。
  • Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る