ブログ

11年目を迎えるにあたり

弊社は会社設立10周年を迎えることとなりました。
ご支援賜りました皆様に御礼を申し上げます。

小売業に携わる方々の

生活レベル
社会的地位

これらの向上のために起業しました。

事業を法人化してから

たくさんの方とのご縁を賜り

多大なるご支援を賜り

10年という時が経過しました。

ご縁をいただいた皆様
ご支援いただいた皆様

あらためてではありますが深く御礼申し上げます。

弊社が設立した時は

リーマンショックが起きて

まさに景気が低迷していく途中…

そんな折に

キャリアサポート
店舗運営サポート

これらをメインコンテンツとして事業をスタートしました。

会社設立後に事業は拡大し、


∙新規ブランドの立ち上げサポート

∙レディースアパレルOEM

∙ニット中心ブランド「Laney」(レイニー)の運営

∙ブランドの直営店展開サポート

∙ブランドの営業支援

などと様々な事業を展開しました。

「ヒト」軸だけではなく
「モノ」軸にも携わることで貴重な経験ができました。

私自身のファッション業界に入るきっかけが

「バイヤー」職志望でしたので余計にそう思うのかもしれません。

そのような状況下でたくさんの企業様をサポートさせていただきました。

無我夢中でサポートさせていただきましたが、

お役立ちできたのか?
ご満足していただけたのか?

その様なことを振り返る機会となりました。

直近は事業を縮小して
「ヒト」メインでの仕事にシフトしております。


∙運営サポート
∙人財開発サポート
∙キャリアサポート

をメインとしながら

専門学校での講義なども行なっております。

起業した頃は、これほど人財開発に特化するとは考えてもおりませんでした。

また、ご縁があり出版する機会にも恵まれました。

それを機にインバウンド接客セミナーなどもスタートしました。

10年間事業のコンテンツが膨らみましたがここで1度精査します。

ここからは、今後の事業の展望についてを少し記します。

ファッションリテイルコンサルティングにおいて

以下の3つのコンテンツを核としていく所存です。

∙人財開発コンサルティング

プロダクトアウトからマーケットインに市場は変化しました。

マーケティングも進化し、
コトラーはマーケティング4.0なるものを提唱しています。

これは、簡単には顧客の「自己実現」をサポートするコトです。

「コト」消費

行動経済学

感性工学

これらリテイルビジネスにおいて注目されています。

体験型のお買い物による感動
シェアリングエコノミーの影響による賢い消費

この2点は特に意識しなければいけないポイントです。

接客販売するスタッフは

どうすれば、お客様が感動するのか?
お客様にとって必要なものは何なのか?

といったことの意識が必要です。

スタッフが、自立/自律した行動をできる様になる必要性があります。

この様なスタッフを育成するためには

「コーチ」

を育成する必要があるのではないでしょうか?

弊社では、セールス/サービスコーチの育成をサポートしていきます。

∙インバウンド接客セミナー

2020年の東京オリンピックに向けて訪日観光客は増加の一途です。

JNTO(日本政府観光局)資料によると

2017年9月現在の訪日外国人人数は

1−9月累計で2,119万人
前年比119%での伸長です。

政府の目標は2020年度は

4,000万人です。

この人数は、日本の人口の1/3に匹敵します。

人口の減少と消費低迷が予想される国内マーケットに対し

インバウンドは莫大なマーケットとなるのです。

このマーケットに対応できる人財の育成をサポートしていきます。

∙独立支援

21世紀に入ってから働き方は変化しています。

終身雇用の時代ではなくなりました。

直近では

「働き方改革」が提唱されています。

ワークシェアリング

高齢者の就労促進

女性の活躍環境の整備

これらはリテイルビジネスにおいても大きく影響します。

フリーランスでの

サービスコーチ(トレーナー)
セールススタッフ

といった働き方も考えることが可能です。

この様な人財の育成をサポートすることで
働き方改革の推進ができるのではないかと考えます。

専門家を育成し独立(起業)をサポートしていきます。

上述のサポートを柱として事業を進めるにあたり

BtoB(企業サポート) ←既存
  +
BtoC(個人サポート) ←新規

サービスの拡充をしていく所存です。

共感していただける方々と取り組み

ファッション及びリテイルビジネスの発展に寄与出来ればと考えます。

日本を元気にするために「笑顔」を広げます。

引き続き、皆さまのサポートをお願いいたします。

2017年11月13日

 株式会社ソリッソ
 代表取締役 森下公雄

  • 11年目を迎えるにあたり はコメントを受け付けていません。
  • Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る