ブログ

見られている意識はありますか?

日増しに気温が高くなり夏に向かっています。

その前に梅雨という体調を崩しやすい時期がやって来ます。

みなさま、体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。

先週末の日経新聞のスポーツ欄のコラムに

カズこと三浦知良選手のコラムがありました。

私は隔週のこのコラムを楽しみにしている読者の一人です(笑)

今回のテーマは「プロ」としての見られている意識についてでした。

これを読んでいて、
私が普段のセミナーなどでお話しさせていることとトレース(重ね合わせ)しました。

私自身は接客を指導する立場にいますので、
プロとして以下を意識しています。

セミナーでの言動

OJTで店頭に立った際の振る舞い

これらはもちろんですが、

受講者としてセミナーに参加するときも周りからの見え方を意識します。

こんなヒトから教わりたくない!

ではなく

このヒトから教わりたい!

このヒトと話をしたい!

そう思ってもらえるように心がけています。

これは講師としての話に限ったわけでなく、

店頭でお客様を接客する時

取引先の担当者と接する時

自身の部下と接する時

これらも同じではないでしょうか?

このblogでも度々出しますが

メラビアンの法則によると

コミュニケーションにおける視覚的要素は

55%

半分以上を占めると定義されています。

人は見かけで…などと言いますが

あながち間違ってはいないのです。

つまりは普段の言動、特に所作が

その人のイメージに繋がっているのです。

ヒトから見られる意識を持つことで、

自分はヒトからどのように思われたいか?

ということがイメージできるはずです。

どんな販売スタッフでいたいのか?

どんな上司でいたいのか?

そのイメージをもってもらうためにどんな振る舞いをするのか?

日々の振り返りが出来ていないと

これらのイメージも忘れてしまいます。

そのためにも、

周りから見られている意識を持つことは重要ではないでしょうか?

カズ選手のコラムでは、

プロサッカー選手=公人であり

衆人環視の状況であることが読み取れました。

そこまで大げさには言いませんが、

みなさんも今一度

見られている意識をしてみませんか?

自分で変えるだけで、イメージは変わると思います。

ぜひ、実践してみませんか?

森下

  • 見られている意識はありますか? はコメントを受け付けていません。
  • Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る