ブログ

NEWoMAN と 東急プラザ銀座

桜舞散る季節となりました。
私も息子の入学式で、校長先生の訓示を聞き心引き締まりました。

さて、今日の話題は…

3月にオープンした2大商業施設

NEWoMAN(ニューマン)

東急プラザ銀座

についてです。

まずは、NEWoMANから紹介します。

JR新宿ミライナタワーに開業しました
4/15に2Fのエキナカ・エキソト・フードホールが第2期オープンです。

先に開業した物販ゾーンをリサーチして参りました。

1Fのエントランスから入ると

LE PAIN de Joel Robuchon(ル パン ドゥ ジュエル・ロブション)
ブルーボトルコーヒー
AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)

といった飲食関連のお店が並びます。

どこもそれなりに値が張るショップです。
大人のライフスタイルを提案するビルという事でこういう構成なのでしょう。

M2Fから4Fまではセレクトショップがメイン。

新宿にしては少し小ぎれいなショップが多く感じました。
既存のルミネよりも全体的に高級感があります。

有楽町ルミネをさらにエッジをかけた感じと表現出来るかと思います。

東急プラザ銀座

数寄屋橋の交差点に位置します。
旧東芝ビルのモザイク跡というと懐かしく思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

交差点からのファサードは必見です。
原宿の東急プラザ同様にエスカレーターで2Fに上がるエントランスです。

1-2Fは路面店の様な作りです。

BALLY(バリー)
Kiton(キートン)
Cruciani(クルチアーニ)
EDWARD GREEN(エドワードグリーン)

この4店舗が交差点側に並びます。

その他のブランドも含め、ブランドストリート状態です。
並木通り
銀座通り(中央通り)
と並ぶインバウンド爆買いスポットになること必至です。

その他の物販ゾーンの構成は以下の通りです。

3F-5Fがファッションフロアー

東急のセレクトショップHINKA RINKA
その他も30代以上をターゲットとするショップが多く並びます。

6F-7Fが和物をメインとした雑貨フロアー

KIRIKO LOUNGE
内装は必見です。

HANDS EXPO
和雑貨、お土産物選ぶのが楽しそうです。

8F-9FがLOTTEの免税店

私が訪れた日は開業後の週末で
多くのお客さんでごった返していました。

団塊ジュニア世代以上をターゲットとしているリーシングですが、

全体的には日本人に向けたというよりインバウンド狙いなのかな?

そのように思えます。

飲食は
B2Fが軽食(イートイン)
10F−11Fがレストラン(ダイナー)

銀座らしいお店が揃っている様です。

新宿と銀座それぞれ特色ある街に開いた
NEWoMAN
東急プラザ銀座

どちらも、ターゲットが30代半ば以上の世代。
また、インバウンドも意識したリーシングの様に感じました。

皆さんもそれぞれの街に立ち寄った際は覗いてみてはいかがでしょうか?

  • NEWoMAN と 東急プラザ銀座 はコメントを受け付けていません。
  • Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る