ブログ

2016年 年頭所感 グローバル接客(インバウンド接客)普及に向けて

明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

今年は1月3日より、クライアント様のお店回りで始業しました。
今年のお年賀は、黒船さんの
黒船ラスキュにしました。

カステラのラスク、誰にお渡ししてもお気に召していただけるお菓子です。
私も、サクサクな食感とほんのりとした甘さが大好きです。
(お伺い出来なかったお店の皆様、お渡し出来ず申し訳ありません)

そんなお年賀をお渡ししてていると、
「黒船といえば、インバウンドですよね?」
とクライアントのマネージャーさんに突っ込まれ、たじたじでした。
そんなことは意識していなかったのです…

そんな話題から、インバウンド対応の話題としたいと思います。
2015年は、インバウンドの元年と位置づけできるのではないでしょうか?

海外からの入国者数が1,800万人超(JNTO11月ど発表に基づく)となり、
「爆買い」が流行語大賞に選ばれたり
まさに経済のトレンドなっています。
外国人のお客様による日本国内の消費の割合が増えています。

その様な概況を踏まえ、私どもは今年度以下に取り組んでいきたい所存です。

<グローバル接客の普及>

1.コミュニケーション能力の向上
・既存クライアント様に対してのコミュニケーション研修のご提案
・新規クライアント様に対してのグローバル接客研修のご提案

2.販売現場でのOJTの強化
・研修による教育と店頭においてのスキルCHKの連動
・店長職経験者によるOJTの実施に向けたスタッフの増強

3.アライアンスの強化
・英語/中国語による接客研修の企画・実施

4.外国人客の買物環境理解
・国内主要都市、観光名所におけるグローバル対応の把握
・アジア諸国における買物環境の把握

この4つを今年の事業の柱として活動して参ります。

今年はリオオリンピックが開催されます。
4年後の2020年には東京オリンピックが開催されます。

その際の外国人の訪日観光客にむけてお買い物環境の整備が必要です。
すなわちグローバル接客の普及が課題です。

買物環境を理解して対策をご提案出来る様に努めて参りますので、
ご協力頂けます様お願い申し上げます。

株式会社 ソリッソ
代表取締役 森下公雄

  • 2016年 年頭所感 グローバル接客(インバウンド接客)普及に向けて はコメントを受け付けていません。
  • Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る