ブログ

2018年春節 商戦の対策はいかに?

平昌オリンピックの日本代表選手の活躍ぶりに
元気をもらっています!

皆さんはオリンピックどの競技が興味ありますか?

私は、カーリング競技を観戦することが楽しみとなっております。
氷上での頭脳戦と体力及びテクニック
TV観戦で感嘆しております。

さて、オリンピックを

観戦

応援

しているうちにあっという間に2月も半分過ぎました(汗)

何か忘れているなと思ったら…

そうです、

先週末は…

春節

旧正月

中華圏の連休と重なる

インバウンドで一番の盛り上がるシーズンだったのです。

ところが、ニュースや報道番組もオリンピック一色!

昨年、一昨年は

旧正月の中華系の方の来日のニュースとともに

 

「爆買い」

 

などと報じられておりました。

 

世間が慣れてきたのか?

今年は私の周りで「旧正月」の話題も少なく感じます

しかしながら、JNTO(日本政府観光局)の統計を参考にすると

2017年度の訪日外国人数は
(11月-12月は速報値)

2,869万人

過去最高を更新中です。

2016年度対比では…

119.3%

依然、約20%の伸長です。

その中でも、中国人の来訪人数は

735万人

全体の25%

かなりのシェアを占めています。

 

主な理由として

  • 円安
  • LCC(格安航空)の増便
  • 訪日中国人観光客向け観光ビザの緩和

などがあげられます。

 

これ以外にも色々と追い風の要因があることが予想できます。
インターネットなどでインバウンドのサイト調べると

新聞でも報道されている通り

 

「爆買い」

 

は影をひそめたようです。

では、インバウンド消費はどうなったのでしょうか?

外国人の買い物傾向も変わっているのです。

何が人気かというと…

  • 化粧品
  • 日用品
  • 医薬品
  • 健康食品(サプリメント)
  • お菓子
  • 文房具

これらのインバウンド売上が伸びているそうです。

この傾向をみると

手ごろ(安価)

日用品(消費財)

というイメージではないでしょうか?

それ以外にもインバウンド消費動向に変化があるのです!

それは…

「コト消費」

というキーワードにありました。

 

日本の国内消費と同様のことが起きているのです。

体験型の筆頭は以下ではないでしょうか?

 

  • 温泉
  • スキー
  • 観光(富士山・寺社など)
  • グルメ(和食・ラーメンなど)
  • リゾート

 

「コト消費」の伸長により、

 

成田空港入国
 ↓
東京観光
 ↓
箱根と富士山
 ↓
名古屋
 ↓
京都・大阪(関西)観光
 ↓
関西国際空港出国

(関西から関東に向かう逆のルートもあります)

約1週間程度のスケジュールで日本の人気スポットを周遊するルート

従来はインバウンドのゴールデンルートと言われます。

これにも変化が起きているようです。

 

先述の

コト消費により

  • 北海道
  • 九州
  • 沖縄

といった場所が人気浮上中とのことです。

これは、

  • 留学・駐在員の家族
  • リピーター(日本旅行)
  • 個人旅行

が増加していることが一因です。

 

買物したい!

観光を楽しみたい!

アクティビティを楽しみたい!

旅行中の消費意欲は明らかに高いはずです。

例えば、私が東京ディズニーランドに行ったとします…

1デーパスポートの購入はもちろん

飲食したり

お土産を買ったり

普段以上に消費意欲は高まります。

これにどう対応するのか?

これが非常に大事です!

先日、モード学園において

接客英会話

講義をした際に留学生が話していたことが印象的です。

「店頭のPOPが不足しています」

「日本人は仲良くなると親切です」

「外国語を話していると店員が近づきません」

これが現実なんだな!
そのように改めて感じました。

平昌オリンピックでは英語ボランティアの不足が報道されていました。

2年後に控えたオリンピックはもちろんですが

急速に加速しているインバウンド消費に対応した

接客が求められることは間違いありません!

中学校・高校、さらには大学

英語の教育を実践する日本においての

英語アレルギーはまだまだ多く感じます。

言葉を話すことは大事ですが

相手に対しての

気配り
心配り

我々日本文化の良いところを伸ばす接客が求められるのではないでしょうか?

インバウンド接客にお困りのみなさま

弊社にご相談くださいませ。

お問合せお待ちしております。

 森下

  • 2018年春節 商戦の対策はいかに? はコメントを受け付けていません。
  • Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る